2006年01月30日

術後 初出勤。

今日は術後,初めての出勤でした♪
体慣らすためにムリしないでね
って言われていたので
今日は重役出勤しちゃいました。

今回の入院にあたって
派遣先の上司,同僚&派遣元の上司に
とってもお世話になったので
あっちこっち挨拶回りをしていたら
一日終わっちゃいました(笑)

気になってた車の運転も何ともなかったし
(先週退院したときは,キビシイと思ってたけど)
意外と体が動くのでびっくり。
でも,流石に夕方になったら
ちょっと傷が疼いてきたので
早上がり。

私よりも先に手術をうけていた上司が
「体が動くと思って普通に仕事すると
 あとでがっくり疲れるから
 絶対ムリしちゃだめだよ」
と言っていたこともあるし
体が動くからって調子扱かないようにしないとね。


今なら,具合が悪くなったときに
「きついっす(汗)」
って言えるけど
今ムリして,後で具合悪くなっても
「きついでーす(涙)」とは言えないので
ここはみんなのコトバに甘えて
まったりさせていただくことにしちゃいます。

そんなわけで,
お仕事はけてからは
晩ご飯の材料調達して
豚のショウガ焼きとなめこのおみそ汁に
ほうれん草のおひたしを作って
食べて…

あとはまったり♪

今日は,もう寝て
ゆっくり明日にそなえます。


posted by なつ at 23:09| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

…作っちゃった。

かねてより,オーボエのリードケースがなくて困ってました。

持ってはいるのだけど
何を血迷ったか,楽器を買ったときに
3本入りを買ってしまったんです。
3本入りがあれば,コンサートでステージに上がるときには
とっても便利なんですが…

自作リードに切り替えてからというもの
リードケースが無くて不便だったのです。
でも,リードケースは意外に高くて侮れない。

で…いろんなHPを見て
自分で作ってしまうことを決意したのでした。

「自分でリードケース作るもん宣言」をして
数ヶ月が経ちましたが,ついに完成しました。

作ったのは,コレ
 ↓
DSC00078.JPG

ちなみに,すべての材料を100均で調達しました(笑)
MOケースをベースに作りました。
グロタンのチューブを使うとキビシイけど
ロレーとリグータのチューブなら問題ナッシング♪

一つのリードケースで8本入るんですが
100均で買ったMOケースは3箱入りだったので
24本はリードの作りだめが可能になりました。


…それだけチューブ買うのが大変だってば(笑)

楽器を吹けないストレスが
こーいう形で発散される(爆)
リード作ろうかと思ったけど
お腹に力が入らなくて鳴らせなかったから
今作っても無意味なことが判明。

作っても,糸巻きまでだなぁ。
リハビリ用に一本だけかるーいリードを作ったけど。

**************************

今日は,快気祝いの調達に行ってきました。
退院してから,一番の遠出になったかも。

上司や友達向けの快気祝いを調達した後
実家に戻って,母と二人でせこせこラッピング。

明日,いよいよつくばに帰還。
明後日からは出勤のためのリハビリ開始。

おなか,腫瘍を摘出してだいぶ凹んだとはいえ
傷の腫れがあって,まだお腹が出ているし
なにより傷のポジションの関係で
ジーンズ(特にローライズ)が全くはけなくなっちゃったのです。

しょーがなく…ほんとにしょーがなく
ジャンスカとウエストゴムのスカートを購入。
(ウエストゴムのスカート穿くのは
 ウエスト怠けさせるみたいでスキじゃなかったんだけど…)
結果的に,激しくイメチェンすることになりました。
今まで買ってた服からすると信じられないくらい
あまあまな服です。

職場のみなさん,笑わないでくださいねっ(笑)
職場の母の一人であるIさん,
毛糸のパンツじゃありませんが,冷え対策ってことで
これからはハーフ丈のスパッツを愛用することにします(爆)
posted by なつ at 00:41| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

うちの巨猫様

DSC00068.JPG

うちの巨猫様でございます。
彼の名前は「ユキノスケ」12歳のじーさんです。

前からやってみたかったことについに挑戦♪
オーボエと比べてみました。

…やっぱ,でかい。
posted by なつ at 18:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮本文昭さんが…

今日,ネットサーフィンをしていて
驚愕の事実を知ってしまいました。

なんと,あのオーボエ奏者 宮本文昭さんが
“2007年3月をもってオーボエ奏者を辞める”
とのこと。

えーーーーーーーーーっ!!!!!
ウソ━━Σ(@`Д´@)━━ン!!!

私の中で,宮本文昭さんと言えば
ちょー憧れのオーボエ奏者。
すっごく古いですが
「PEACE」というたばこのCMで
くねくねしながら「タイスの瞑想曲」を吹いていたのが
印象的です。
(私が吹くときにくねくねするのは
 その辺から影響を受けているのか?? 笑)

もう,もう…彼の甘くて響きの豊かな音が大好きで
高校時代は聞きまくったものです。
その,宮本さんが!!!
しょっくです。

ただ,彼がオーボエ奏者をおやめになるのは
病気とかそういう理由じゃなくて
もっと前向きな理由らしいです。
それだけでも,ほっとはしましたが…


でもでもー!!!!


そんなとき,e+の先行予約のお知らせで
こんなのが来てました。
宮本文昭ファイナルコンサート

うおー,アルビノーニにモーツアルトの
オーボエ協奏曲じゃないかっ!!
アルビノーニのオーボエ協奏曲,大好き!!!

いきたーい!!
でも,楽団の日曜練習がありそうな気がする…
次の週が定演だしぃorz

チケットの先行予約は30日。
とるべきか,とらざるべきか…
それが問題w


ちなみに,オーボエ協奏曲と言えば
チマローザのオーボエ協奏曲が好きなんですよね。
すごーく切ない旋律がたまらんのです。
でも,マイナーだから
なかなかCD無いんだよな(´・ω・`)ショボーン

あ,有名どころなら,マルチェッロも最高。
宮本文昭さんの「ミラノの午後」ってCDは
アルビノーニにマルチェッロのオーボエ協奏曲が入ってるという
素敵なCDです。
宮本さんの音色とマルチェッロやアルビノーニって
すごく合う気がする…(´- `*)ウットリ、、

posted by なつ at 17:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | びばびば、音楽!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

メッセ三昧♪

今日は一日お家でまったりしておりました。

たまたま,お友達と連絡が取れて
ゆっくり話がしたいねぇと言うことになり…
彼女がたまたまネカフェに出てきていたので
昼から4時間近くチャットしてました(笑)
彼女のネカフェ滞在時間,めいっぱいチャットしちゃった。

彼女には,年末から「連絡するねーん」と言っていたけど
私の方が,年末年始恐ろしいくらいに忙しく
そのまま入院に突入したから
彼女とゆっくりお話ししたのは久しぶり。
真面目な話からくだらない話まで
めいっぱいすることが出来て,大満足♪
彼女が平日にお休みのある人で
私が暦通りにお休みの人なので
なかなか休みを合わせてお話することが難しいのよね。

彼女,手首痛くなってないといいな。

■next■´∀`■next■´∀`■next■´∀`■

術後の傷は,ホントに日に日に良くなってます。
自分で治ってくのが分かるってすごいわあ。

しかし,ユキノスケ氏は
傷のある私の下腹部を容赦なく踏みつけてくれます。
ぶっすりと。

今朝も,ゆっきーに腹踏まれて目が覚めたよ
ヽ(TдT)ノアーウ…

つくばに戻ったら,布団の敷き方考えないと(笑)
これ以上,ゆっきーにカーペット扱いされたらたまらんわ。
posted by なつ at 21:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

おさんぽ。

今日、退院してからはじめて外出しました。
外を歩くのも寒かろうってことで
母とバスに乗って最寄駅まで行って、
駅前のショッピングセンター内を
軽く歩いてきたのでした。
駅までは徒歩15分くらいで、
元気なときには歩いちゃうくらいの距離だけど
さすがにそれを歩くのは厳しいので、バス乗っちゃった♪

ほんの20分くらいのお散歩でしたが
どっぷり疲れましたorz
無理はいけないけど、
開腹手術になっちゃったから
術後、それなりに身体を動かしておかないと
腸とかの癒着の原因になっちゃうので
せこせこと動くことは、身体に必要なことなんだそーです。
便秘の防止にもなるしねー♪


傷の調子はまずまずなのですが
なんだかんだ言っても手術と入院で体力が落ちてしまったらしく
ちょっとのことが疲れちゃいますね。
お散歩のあと、おうちに帰ったら爆睡でした(笑)
あ、あと寒いと傷が疼くかな。


でもでも。手術の効果はやっぱりあったのですよ!
まず、妊婦状態だったウエストがすっきり♪
術前、横になってもおなかがぽっこりだったのですが
術後は横になると、おなかがペタンコになりましたわーい(嬉しい顔)
まだ、傷が腫れてる感じがあるから
下腹がちょいぽっこり気味だけど
これは運動の許可が出たら、なんとかしよう(笑)
あとは…
術前は腫瘍に膀胱やら腸やらが圧迫されていたので
頻尿がひどかったのですが、それがぱったりなくなりました。
おまけに、頑固だった足のむくみが
一気に解消!!
これも、臓器が腫瘍に圧迫されてたからなのでしょうね。

それもそのはず。
腫瘍(というか水ぶくれだよな)の中には
1.5Lもお水が入っていたのですあせあせ(飛び散る汗)
ペットボトル一本分だもん。
…よくもここまで溜めたよ、私。

もっと、傷が治ってくると
他にも発見がありそうだなぁ。


今日は、「体力をつけーい!」という母の配慮で
晩御飯がすき焼きでした♪
せっかく入院中にスリムになったのに
太りそう…(笑)
posted by なつ at 19:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

退院したお!

昨日、無事に退院しましたー♪

手術翌日(水曜日)は、
「こんなんで、日曜日に家に帰って大丈夫なのか??」って思いましたが
意外に人間の身体って回復力あるんですね。

金曜日あたりから、ぐんと痛みが引いてきて
歩くときも、あまり前かがみにならずともよくなってきて
月曜日(23日)の退院日には
普段よりもゆっくりとした歩調ですが
てくてくと駅を歩いておりました。
(さすがに重たい荷物は母にもってもらったけど)

まだ実家なので、
詳しい入院日記はつくばに戻ってからアップすることにしますが
多分…思いのほか元気です(笑)
もうしばらく、周囲のお言葉に甘えて
まったりさせていただいちゃいます♪


私の病気に関して言えば
「手術が終わっちゃえば、病人というより怪我人」
って感じですね(笑)


posted by なつ at 08:58| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

人生初 2(BlogPet)

いつも、なつは
もしかしてあぁ人生初記憶とび???(▽|||||;)帰りの2時間近くの道中あぁ多分大丈夫だとは思うのですがいっしょにいた人たちに迷惑をかけていなかったかどうかすんごく不安になってきました。
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちぃ」が書きました。
posted by なつ at 09:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

中間報告☆

病院からコンニチワ。なつです。


手術も無事に終わり、
体調も徐々に戻りつつあります。

病院は予想以上にきれいな所で
かなり快適です。

しかし、やはり私のこと
想定外のことがたくさんありました。


その1。
腹腔鏡手術のはずが、手術前日の打ち合わせで
急遽開腹手術に変更。

その2
傷の回復は早く、歩きだすのも早かった。
(楽器吹きの賜?)
予想では、退院は早かったのに
腸と泌尿器系の動きがかなり鈍く
退院通知後に退院延期(苦笑)


とは言っても
着々と元気になっております。
詳細は退院後に…

2006年01月19日

入院四日目 手術後二日目−

今日から,食事がスタート。
朝は重湯。
食べるというより飲むという感じだけど
塩味が良い感じで効いていて,おいしい。
なんか,あっという間に食べ終わってしまった。

でも,さすがにずーっと食料とっていなかったのと
麻酔で胃腸の動きが止まっていたせいか
お腹が若干張ってきた。

ま,それも時間の問題でしょう(笑)

朝,重湯だったから
その後どうなるんだろうと思ったけど
昼は具入りのうどん,夜は普通のおかずにおかゆ。
普通の食事に戻すペースって,意外に早いんだなぁ。

口から摂取するお食事は
退職回復のための,一番の薬になるらしいので
頑張って食べる私。

たしかに,体の中から力が出てくる感じがしてきた。


…しかし,お腹が張る(笑)


傷の痛みがまだまだ強くて,排尿すらキツイのに
お通じがやってきてしまったらどーなるのか???
すごく痛そう。大丈夫かな?

そんなわけで,腸の動きをよくする漢方薬と
にがりと同じ効果のある効き目のゆるい下剤が処方された。
でも,腸が動き出す気配…なし。

痛み止めは今日でおしまいになってしまった。
歩くとき,痛いんだけどなぁぁぁ。

2006年01月18日

入院三日目 手術後一日目−

手術後一日目。

AM−

朝,起きてから検温&血圧測定。
昨日から水分がとれないので
痛み止めと喘息の薬をずっと点滴で入れている。
導尿管入れて一晩になるけど
どーも導尿管とお友達になりきれていないせいか
膀胱の辺に変な感じが残る。
ま,今日中にははずしてもらえるんだろうけど。

今日からさっそく歩行訓練。
手術の後,早期離床することは
腸の動きを良くし,内臓の癒着を防ぐ上で
とっても大事なことらしい。

朝の一通りの点滴等が済んでから
看護師さんがやってきた。

「歩行訓練しましょうね」

ということで,まずはベッドから立ち上がってみる。
ちょっと動くとお腹に痛みが走って
下腹部に力が全然入らないので
ベッドの頭側を上げて,腕で突っ張れる状態にしてから
腕の力をうまく使って,なんとか立ち上がる。
輸液のパックを引っかける棒に寄っかかって
ずるずると歩いてみる。
うしろから,看護師さんが尿のパックを持ってついてくる(笑)

朝には完全に頭がスッキリしてしまっていたためか
ふらつきなんかも全くなく
歩行に問題がなさそうだったので
導尿管を抜いてもらった。

ずるっと抜けて,キモチ悪い(苦笑)
抜いた後は,膀胱のあたりに軽い痛みが残る。

…実はこの痛みが
後でとんでもない事態を引き起こすのだが
それはまた後ほど書くことに。

導尿管を抜いた後は
看護師さんに手伝ってもらいつつ
体をキレイに拭いて
パジャマに着替える。

あー,術衣よりパジャマの方が落ち着く(ほっ)

そして,水分摂取の許可が出た。
早速水をくんできて,飲む。
あぁ…水 うまい(うっとり)

後は,「おなら」を出すのが目標だな。
寝返りをたくさん打つように心がけていたから
お腹がごろごろいってはいるんだけど
あと一息って感じ。

PM−

昨日は,全然口からは水分とってないのだけれど
輸液をがんがん入れているので
トイレにはしょっちゅう行きたくなる。

しかし,トイレに行くのが一苦労。
まず,立つのが痛い。
トイレに座るのが痛い。
下腹部が痛くてうまく力が入らないから
うまく排尿できない。
その上,排尿そのものが痛くてつらい。
ま,血尿とか出てないからだいじょうぶなんだろうけど。

おトイレに行くときには
必ず尿をビーカーにためて
「蓄尿」することになっている。
入れた液量に対して,どんだけ尿がでてるか
チェックするらしい。

これもまた,お腹が痛い身には大変なのである。

頑張ってトイレに行ったおかげか
ガスが出た。
これで,明日からはお食事もスタートだな。

体の方が元気になってきたので
携帯にメルアド登録していた知り合いに
「手術おわったよ♪」とメールを出しまくる(笑)
職場がつくば,入院先が東京という状態のためか
今のところ見舞客ゼロなので
少々さみしかったのだ。

午後,先生がやってきて
傷の状態をチェックした。
「傷跡,きれいでしょ。」
と言われたものの,何を持ってキレイというのか
私にはよく分からない。
かなり下の方で小さいとはいえ
お腹の真ん中の目立つ部分に
縦一本線の傷が出来ちゃったこと自体
私にはショックでかいのに…

傷のことで少々ごねた,手術前日以来
傷のことについては先生とも親とも話題にしていない。

私が傷にこだわったのは…
同性の同僚に
「まだ若くて未婚なのに,手術することになっちゃって大変ね」
って言われたから。
この言葉を目にするだけでは,
そんなに気にするコトバか?って思われるかもしれない。

でも,その同僚のライフスタイルや考え方
言われた時のニュアンスもあって
暗に,
「さっさと結婚&出産しないからそんな病気になるのよ」
って言われている感じがしてしまったのだ。
同性であれば,一緒に温泉に入ったりすることもあるだろう。
そんなときに,色眼鏡で傷跡を見られるのが
とても嫌だったのだ。
好きで病気になったわけではないし
ましてや,出産しないことが原因になる病気でもない。
(小学生でもなることがあるくらいだし)
病気のことを何も分かっていない人に
興味半分でそんなことを言われてしまったのが
とても口惜しい。

こういうときは,事情や心境を理解してくれている異性より
同性の方が残酷な場合もあるんだなって痛感した。

傷のことを自分の中で消化し切れていなかったのに加え
母上が術後の先生の話を
「腫瘍のみ摘出→左卵巣全摘出」
とカンチガイして聞いていたことが重なり
かなりイライラしてしまい,
見舞いに来てくれた母に当たってしまった。

すまん。
いくら良性の病気とはいえ
娘が手術するよーな病気になっただけでも
母にとっては不安で一杯だったに違いない。
手術が終わって,気が抜けたところで聞いた話だろうから
舞い上がっちゃっていたんだろうなぁと思う。
(もともと,理詰めの話が苦手な人だし)
明日はもーちょっと,母に優しくならないとな。

2006年01月17日

入院二日目 手術当日−

AM6:00

朝早く,看護師さんに起こされる。
手術が朝9時からなので
これからいろいろと手術の準備。

まずは浣腸。
「5分は我慢してくださいね」
って言われたけど,昨日のお腹ゴロゴロの余韻もあり
我慢出来ず(苦笑)

確認に来た看護婦さんに
「大丈夫ですかねぇ」
と聞いてみたけど
「ま,だいたいでOKです」との答えが返ってきた。

その後,術衣に着替えて
段階着圧ハイソックスを穿いて
準備麻酔薬を飲んでゴロゴロしている。
そんなこんなしているうちに両親がやってきて
病室を出発する時間(8:30)になり
両親に見送られつつ,ベッドのまま出発。

準備麻酔薬でぼーっとしている頭の中
エレベーターで下りて,手術室まで運ばれていくのが
なんとなく分かった。
手術室に到着すると
ベッドから一旦別の台に移動させられてから
ストレッチャーに載せ替えられた。
スタッフの人に助けられつつ
もぞもぞと自分でストレッチャーに移動。

再び,別の部屋に運ばれる。
青い手術用の服をきたスタッフの人がいっぱいいる。
「うわー」なんて思っているうちに
口にマスクを当てられて,
「深呼吸してください」と言われる。
深呼吸1〜2回したところで
私の記憶はぷっつりと途切れる…

次に目が覚めたのは
「なつさーん,起きてくださーい」
と声をかけられたとき。
はっと目が覚めた瞬間,おそったのは下腹部の激痛。
「うぇ,お腹いたーいっ!!!」
思わず絶叫してしまった(苦笑)
返ってきたのは
「きみ,喘息だから使えない薬があるんだよぉ。
 部屋に戻ったら痛み止め打ってあげるから待ってて!!」

とはいうものの,部屋に戻る途中
至る所にある段差がお腹に響いて痛い痛い(笑)
くー,喘息じゃなかったらココまで痛くなかったんだろうなぁ。

お部屋に戻って,痛み止めを打ってもらったら
幾分痛みが引いて楽になってきた。
それからはなんとなく痛みを感じつつもうつらうつらしていた。

…ら!!
途中何度もすごい金縛りと入眠時幻覚に襲われる。
体の左の方からケチョグロな手が出てきて
肩とか首をがしっと掴んだり
自分の体かブロック状に分かれてごすっと落下したり
その間,ずーっと金縛り。

金縛りに遭ったり,眠ったりしている間にも
ふっと目が覚める。
目が覚めると目が冴えちゃうので
文庫本を読んでいた。

途中,担当の先生がやってきて
「卵巣,一部残せたから」と言いにきてくれた。
その時
「腫瘍の中,水どのくらい入ってました?」
と聞いたら
「1.5Lだけど…妙に頭スッキリしてるねぇ(笑)」
と驚かれた。

そーだよ,私は麻酔が切れるのが早いのだよ(笑)

途中から,看護師さんに
「腰痛くなっちゃうから,寝返り打ってくださいねー」
と言われて,一回手伝ってもらって寝返りを打つ。

腸の動きを良くするためにも寝返りは大事なんだとか。

結構腕力はあるので
腕の力を使って,ごろんごろんと寝返りを打つ私。
(元々,寝てるときに寝返り打つ方だから
 打たないと気持ち悪かったりする)

「文庫本読んでるし…自力で寝返り打ってるし
 手術直後とは思えない(笑)」
と看護師さんに驚かれてしまった。

そんなこんなで寝返りを打ちつつ
うつらうつらしながら,次の日まで過ごす。

明日から,歩行訓練だなー。

2006年01月16日

入院一日目 手術前日−

AM9:50
都内某病院到着。おー,ついに入院か。

入退院手続きの窓口に行って,早速入院手続きをする。
で,病棟の案内と書類を渡されて病棟に向かう。
キャリーケースをコロコロ転がそうとしたら
笑顔の爽やかな案内係のお兄さんが
「お荷物,運びましょうか?」
と,カートを途中まで運んでくれた。
入院…っていっても荷物もってもらうほど具合悪くないんだけどなー。
ちょっとお兄さんに申し訳ないなぁと思いつつ。

で,途中でお兄さんに別れを告げ
病棟行きエレベーターに乗り込む。

で,さっき窓口で渡された書類に目をやった。
おそらく,内部用の書類なんだろーけど
右上の方に
「治癒」「中断」「死亡 時 分」
とか書いてあって,○をつけるようになっていた。
…人によっては,こんなの見たら気が滅入るんじゃないのか??
ちっとは気を遣えよなーなんてツッコミも入れてみる。


そんなコトを考えている間に,病棟のナースステーションに到着。
「あ,あのー,今日から入院なんですけど…」
と看護師さんに声をかけると病室に案内してくれた。
「入院されるのは初めてですか?」
「手術での入院は初めてですねー」
なーんて,雑談をしながらお部屋に到着。

「なつさんのお部屋はこちらになりますねー。
 今,ちょうど回診中でバタバタしてるんで
 パジャマに着替えてゆっくりしていてくださいね」

案内されたお部屋はライトが暖色系であったかい感じ。
すごく落ち着く感じ。
ベッド横に棚が付いていて
その中に液晶テレビが内蔵されてるし
コートを掛けられるクローゼットまでついてる♪
以前入院した病院はこんなキレイじゃなかったので
かなり感動。
相部屋でこんなに設備があれば,十分じゃーんo(^-^)o

早速,荷物を片づけて

どうやら,お隣さんはこれから手術らしく
お薬飲んだり,色々処置をされたりしていた。

きっと,私も明日は同じ感じなんだろうなぁ。


その後,看護師さんに病棟の案内をしてもらったり
入院治療計画を説明してもらったり
入院カード(入院の経緯や生活についてのアンケートシート)を
書いたり。
私の場合は,既往症(気管支喘息)があるので
薬剤師さんが現在服用中の薬について聞きに来たりもした。
ホントに回診でバタバタしてるらしく
「あ,本日入院,明日手術の患者さんでアズーマがある方が居るので,あとで診察お願いしまーす!」
 ↑
 実は私のこと
という,看護師さんの声も聞こえてきた。


PM12:00ー

まずはお昼ご飯。肉うどんにサラダにキウイフルーツ,野菜生活。
お腹空いてたので完食♪
ここの病院食,結構おいしくっていいかもー。すてきー。

ちょうどご飯の間に,看護師さんが採血に来た。
久しぶりに注射器で血を採られる。
そして,毛刈りとおへそのお掃除。
しばらくシャワーを浴びられないので,その後シャワー。

その後は,手術に備えて下剤を飲むくらいで
特にすることもなくごろごろごろごろ。

PM6:00-

このあたりから,妙にあわただしくなる。
寝る前に飲む準備麻酔薬が届いたり,
呼吸器科や麻酔科の先生が来たり。
今回,この病院で手術を受けることになった主な理由は
私が気管支喘息を患っており,
全身麻酔の挿管時や術後に重篤な発作を起こす可能性があったからなのだけど
呼吸器科の先生曰く,
「あなたみたいな方の手術を今年に入って100例くらいやってますけど
 今まで発作を起こされた方は居ませんから,多分大丈夫だと思いますよ」
麻酔科の先生曰く
「気管支喘息の方に挿管した場合,気管支を刺激して発作を起こす可能性が高いのですが
 ま,その辺が麻酔医の腕の見せ所なんでね(にやり)」

という感じで,お二人とも自信満々だった。
うん,この病院で手術することにしてよかったよ。
病院をじっくり選んだ甲斐があったなぁって感じ。


しかし,この後に大どんでん返しが待っているのである。


いよいよ,うちの母上を交え,
産婦人科の執刀医の先生と術前最後の打ち合わせ。
ここで衝撃の事実が知らされてしまった。

「当初,腹腔鏡で手術する予定で組んでいたのですが…
 腫瘍が大きすぎて,お臍からカメラを入れたときに腫瘍が破れる危険性が高いので開腹手術に変更します。」

MRIの写真を見ながらの説明に
「あー,こりゃカメラ入れられねぇな」
と,腹腔鏡による手術が難しいことは納得できた。

でも,でも!!縦切開の開腹手術???

腹腔鏡より復帰に時間かかっちゃうじゃん!!
ギリギリのラインで組んだ休暇の予定,組み直さないとダメじゃん!
2/6から共同研究の仕事やりますからとか言ったけどムリじゃん!!
楽器吹けるようになるまで時間かかっちゃうじゃん!!
しかも,縦に切開する→傷が目立つ!!
それだけは自分の中で納得することが出来なかった。
いくらこの年でも嫁入り前。絶対お腹に目立つ傷を残したくなかったのに!!

しかし,腫瘍がでかいため
もしものコトを考えると縦切開の方が無難なんだとか。
理屈では先生の言うことが最前の方法であることは分かるけど
手術を明日に控えて,自分を納得させる時間が無いのが辛い。

ほんとは,ほんとはすごく嫌だったけど
手術を明日に控えて嫌とは言えなかった。
親の前では強気で居たけど
親が帰った後,友達に電話してちょっとだけ泣いた。


PM9:00−

準備麻酔薬を飲む。この後は一切飲食禁止。
しかし…下剤が効かず
夜中まで張るお腹に苦しむことになる(笑)

いざ、病院へ

いよいよ、入院。
今、病院近くのカフェで
記事を書いてます。


実家から、ラッシュに揉まれつつ
大きな旅行用カート転がしてきました。
出勤中のビジネスマンに混じって
いかにも旅行スタイルなねーちゃん独り
カート転がしてると…浮いてます(笑)


誰も、私がこれから入院するとは思うまい。


ふぅ。今から行って来るか。
可能な限り、病院からも記事をアップしますね。


ぢゃっ!(^-^)ノシ

Mr. ;Mrs.スミス(BlogPet)

いつも、なつは
なつは先方はともかくリング温度のおっけーはでたのでこれについては「後は野となれ山となれ!」って感じ。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちぃ」が書きました。
posted by なつ at 09:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

ありがと!

自分では、なんとなく実感なかったけど
またひとつ歳を食いました。

いろんなところのお友達が
お祝いメールやグリカを送ってくれて
とっても嬉しかったです。

「うへ〜、もうこんな歳かよ」って感じだけど
お祝いしてもらえるのは
いくつになっても嬉しいね。


ありがと。ね。
みんな、愛してるぜっ!!


今日で吹きおさめ
posted by なつ at 23:53| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うゎ、眠れねー。

手術、全然コワい訳じゃないんだけど、
今日も眠いのに眠れない。
どっちかっていうと
気分はまな板の上の鯉。

もーこれ以上待てないから
早くやってくれいっ

…って感じ。

普段、どうしようもないくらいのび太くんな私なのに
眠れないなんて変なの。


こないだ、上司から
超思いがけないアドバイスをもらった。
「それ」をどう料理して
どう、半年から1年後に結果をだすか
いよいよホンキで考え始めたからかな。

その問題を悩み始めたのも
実は卵巣嚢腫かきっかけ。

これから、思いがけない転機になりそう。

2006年01月13日

会議おわた!

とりあえず,午前中の会議を無事に終えました。
後は後片づけと持って帰る仕事の絞り込み。
あー。なにやろぉ。仕事。
学会エントリー,上司にお願いするとはいえ
形まとめておかなくちゃだろうし
折角他の仕事がストップする良い機会なので
論文書いちゃった方がよいだろし。
(やらない可能性が大との噂もなきにしもあらず 笑)

…でも,入院中の一週間だけは
仕事するのやめとっと。
今,考えなくちゃ行けないことが山積している状態だから
そういうことをゆっくり考えればいい。
今まで,考えることを逃げていたことがあるから。

どーせ,手術後は仕事どころじゃなくなるだろうしね。
腹腔鏡とはいえ,切ったなりにお腹痛いだろうから。


手術前の出勤は今日が最後となりました。
16日から入院,17日手術で1週間の入院。
2週間はゆっくりするようにといわれているので
お仕事本格復帰は2/6かな。
(一応,リハビリってことで1/30から出勤するけど)

プライベートなお友達はもちろん,
職場のお友達,楽団のお友達ともしばらく会えないので
それだけが寂しいなぁ。
(それなのに,楽団の友達の前で醜態曝したよ…私)

…逆に,大学時代の友達で
東京勤務の奴には会いやすくなったかもしれないけどね!
(彼女には,予定があったら来てもらえるってお話をもらいました。
 C嬢さんきゅー♪)




posted by なつ at 13:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いやーん,寝れない(汗)

昨日,風邪で寝すぎたせいか
まったく寝れないっす。

寝ようと焦った訳じゃないけど
いろいろ抱えている悩みを
あーでもない,こーでもないと
つらつらつらつらと考えていたら
明け方4時をまわってしまいました。

途中,何度か羊さんかぞえてみたけど

羊が一匹…柵をぴょーん
羊が二匹…柵をぴょーん
羊が三匹…柵をぴょーん
羊が四匹…柵をぴょーん

あぁぁ,ひつじの大群が…柵決壊(苦笑)

を延々繰り返しちゃった。

明日の朝,10時から会議。
はたして,おいらは
明日きちんと出勤できるんでしょうか…
posted by なつ at 04:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

ノロウイルスヽ(´ー`)ノ

水曜日の明け方。
急激な吐き気と下痢に見舞われました。
そーこーしているうちに
関節が痛くなって,熱ががんがん上がってきて
測ったときには39.5度。
こんな高い熱を出したのは数年ぶりです。

よりによって,手術の直前に熱を出すとわっ。

熱が出た時って,すぐに解熱剤を使用するよりは
ある程度熱が出ている状態を保って
十分体の中に抗体を作らせてから使った方が効果的なので
とりあえず,待ちました。
同僚Y嬢に買ってきてもらったオレンジジュースを
飲みながら。
(悔しいことに,おおかた吐いちゃったけど)
熱が出るときの寒気が続く時期を越え
熱でカラダがホカホカする状態になってから8時間くらい後
解熱剤投入。

アクエリアスを飲みつつ
ごろごろしていたら,今朝方よやっと熱が37.8度まで下がりました。
念のため,病院に行ってきたのですが
先生の開口一番の一言。
「あららー,手術前にこんなことに(苦笑)
 あー,この手の風邪,いますごーく流行ってるんですよ。
 ノロウイルスですねー。
 普通,大人の方でここまで熱を出される方はいらっしゃらないんですが
 疲れていたりとかしてました?」

…ぎくっ。
日曜日に大酒かっくらったことなど
とても言えませんでした(笑)

「ま,整腸剤出しときますから,水分はまめに補給して
 脱水症状にならないように気をつけてくださいね。」

来週火曜日に手術を控えて,何が何でも風邪をなおしたい私。
先生に聞いてみた。

「抗生物質とか,効かないんですか?」

「…まったくもって効きません(爆)
 まー,体力勝負なんで,体力落とさないように気をつけてくださいね。
 手術の日までには治りますから,大丈夫ですよ」


その後,大分体調も良くなってきたので
大丈夫ぽいけど…けど…
 
posted by なつ at 13:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。